アプリ

【dTV】格安で映画もドラマも見放題!?紹介と契約してみた感想

あなたは「dTV」という動画配信サービスをご存知でしょうか?dTVは業界内でも1位2位を争うほどの作品数を視聴することができるうえ、なんと料金は格安なんです!今回はそんなdTVの紹介と、実際に契約してみて感じたことを公開していきます。

dTVとは

「dTV」とは、2015年4月よりエイベックス通信放送が運営し、NTTドコモが提供する動画配信サービスです。契約すると映画やドラマ、アニメ、舞台映像など幅広いジャンルの映像作品が定額で見放題になります。

視聴可能な作品数は120,000本以上にも及び、この数は動画配信サービスと比較しても頭一つ抜けています。しかしながら月額は500円(税抜)で、こちらは逆に安さで群を抜いています。つまり、dTVは格安で大量の作品が見放題になるのです!

視聴可能なデバイスはテレビのほかにもスマホやパソコン、タブレットでも可能です。デバイスが4Kに対応していれば画質は最高4Kまで選択することができ、複数人で別デバイスを使用しての同時視聴はできません。

料金と作品数のバランスでいえば業界No1

さきほども紹介したように、dTVの一番の特徴は格安で大量の作品を視聴できるという点です。では、ほかの動画配信サービスと比べて本当にそうだといえるのか、検証していきましょう。

以下の表に主要な動画配信サービスの一覧の料金と作品数をまとめてみました。

サービス名 見放題作品数 料金
dTV 約120,000本 500円/月
U-NEXT 約130,000本 1990円/月
Hulu 約50,000本 933円/月
Rakuten TV 最安プラン:約2000本 最安プラン:302円/月
ビデオパス 約10,000本 562円/月
Amazonプライム・ビデオ 約9,000本 年額プラン:4900円/年
Netflix 非公開 最安プラン:800円/月

業界で最も見放題作品数が多いのがU-NEXTの約130,000本ですが、料金は月額1990円とかなり高めです。一方、最安のサービスはRakuten TVの月額302円ですが、こちらは作品数が約2000本ととても少ないです。

上記をみると、月額500円で約120,000本の作品を視聴できるdTVはやはりコスパが良いですね。

興味深いコンテンツ

dTVにはオリジナリティー溢れるコンテンツも搭載されています。

dTVオリジナル作品

いくつかの動画配信サービスでは実装されているジャンルである「オリジナル作品」がdTVにもあります。

dTV内のチャンネルのひとつである「BeeTV」では、オリジナルのバラエティー番組を楽しむことができます。人気芸人やタレントが司会を務める作品が多くあります。

邦画のスピンオフドラマも多く、「進撃の巨人」、「闇金ウシジマくん」、「相棒」などのオリジナル作品を視聴することもできます。

VR作品

dTVではVR(ヴァーチャル・リアリティ)作品を見ることができます。自分がまるで映画の中にいるかのような感覚を得ることができ、より臨場感あふれる体験をすることができるでしょう。

VRに対応している作品は、人気海外ドラマ「ウォーキング・デッド」をはじめとする人気・有名作品も多いです。またエイベックス所属のアーティストのライブ映像も多くVR対応されています。

なおVR作品を楽しむ場合は、専用アプリ(無料)とVR機器が別途必要になります。

その他のメリット

動画ダウンロード機能

dTVは作品をスマホなどにダウンロードして持ち歩くことができます。ダウンロードせずにスマホで見てしまうと通信量を圧迫してしまいますが、家などのWiFiが繋がっている環境でダウンロードしておけば通信量を気にすることなく視聴を楽しむことができます。

31日間の無料体験期間

dTVは契約後、31日間の無料体験期間が設けられています。もちろん無料期間中でもすべてのコンテンツを楽しむことができます。31日が過ぎると自動的に費用が発生します。無料期間中に退会すれば費用が一切かかることはないので、まずはお試しからという意味でも契約をしてみてはいかがでしょうか。

dTVと契約してみた感想

dTVと契約して最も感じたメリットは、やはり安いということでした。視聴可能作品数も多いため、いくら見てもネタが切れず、時間をつぶすのには最適だと思いました。またコンテンツ内容については、ほかの動画配信サービスと比べて韓流ドラマなどのアジア作品や、お笑いなどのバラエティ作品、ライブ映像が充実している印象でした。

デメリットとしては、120,000本すべてが見放題というわけではなく、最新の作品などは有料だったということです。しかし「ウォーキング・デッド」など一部の作品は無料で見れました。また家族と共有したかったのですが、2台は同時に視聴できなかったです。

また契約時にdアカウントというドコモのアカウントを作る必要がありました。dアカウントはドコモユーザーであれば新しく作る必要はなく、支払いも携帯料金と一緒に払えるようです。

dTVはこんな人におすすめ

  • とにかく安くたくさんの動画を見たい人
  • お笑いやライブ映像が好きな人
  • 韓流ドラマなどアジア作品が好きな人
  • ドコモユーザーの人