アプリ

Huluを使ってみた結果|メリットとデメリット紹介

現在、世の中にはさまざまな動画配信サービスがあり、これから契約しようにも「違いが分からない!」、「どれを選べばいいのか分からない!」という方も多いと思います。そこで今回は2011年にサービスを開始した、「Hulu」を実際に使ってみて感じたメリットとデメリットを紹介していきます。

Huluって何?

おそらくこの記事を読んでいる多くの方はHuluが何かはご存知だとは思いますが、Huluを知らない人や名前くらいしか聞いたことがないという人のために解説をします。

Huluは、HJホールディングス株式会社により2011年9月にサービスを開始しました。月額933円(税抜)で、約50,000作の動画が見放題になります。追加料金は一切かかりません。配信ジャンルはドラマ(米・英・日・韓・中)、映画、アニメ、バラエティと豊富なラインナップを揃えています。同じく月額で契約制のAmazonプライムビデオやNetflixに比べ、海外ドラマの最新作がいち早く見られるのが特徴です。

いつでもどこでも動画を見ることができるのもHuluの特徴です。テレビだけでなく、パソコンやゲーム機、タブレット、スマートフォンでも動画を視聴できます。そのためリビングのテレビで見ていた映画を途中から自室のパソコンで見たり、外出先でスマホを使って見ることもできます。

多くの動画配信サービスでは無料お試し期間が設けられており、Huluも例外ではありません。動画配信サービスではお試し期間を1カ月に設定しているものが多い中、Huluの場合は2週間と少し短めですが、Huluのすべての機能を使えるので2週間あれば十分Huluのコンテンツを楽しむことができます。

お試し期間で確認するポイント

2週間の無料お試し期間の間にHuluが本当に自分に合っているか、満足のいくコンテンツを配信しているか等を確認する必要があります。そのために確認すべきポイントをいくつか紹介します。

自分の見たいジャンルが充実しているか

動画配信サービスを選ぶにあたって最も重視すべきポイントがこれでしょう。Huluは約50,000作の動画が見放題で、海外の作品も多く取り揃えています。しかし邦画にしか興味がないという人や、マイナーなジャンルに興味があると言った場合に、必ずしも希望の作品が見れるとは限りません。

機能面は問題ないか

こちらも動画配信サービスを利用する上でかかせないポイントです。「メニュー画面がわかりにくい」、「アプリが使いにくい」、「画質が悪い」など使っていくうえでストレスを感じることがないかを探すことが重要です。

ほかの動画配信サービスを利用してみる

Huluの特徴を手っ取り早くつかむ方法が、ほかの動画配信サービスも無料お試し登録してみるということです。これにより本当にHuluが自分にとって一番なのか、それともほかにもっと良いサービスがあるのではないかがすぐに分かります。

以上が無料お試し期間中に確認すべきポイントになります。料金が発生してから後悔しないためにも、絶対に確認しておいてください。

Huluを使ってみて感じたメリット

ここからは私が実際にHuluを使って見て感じたメリットを紹介していきます。

欧米の作品が豊富

Huluはもともとアメリカ発のサービスということもあり、欧米系の映画やドラマのラインナップが非常に豊富です。「ゲーム・オブ・スローンズ」、「ウォーキング・デッド」、「プリズン・ブレイク」、「クリミナルマインド」など有名作品がズラリ。

しかも「Huluプレミア」という海外ドラマ専門のチャンネルも存在します。これは日本初公開の海外ドラマのみを集めたチャンネルです。つまりほかの動画配信サービスでも見ることのできない海外ドラマがHuluなら見ることができるというわけです。もちろん「Huluプレミア」も月額料金内に含まれているのですべて見放題になります。

海外(特に欧米)の作品をたくさん見たいという方にはHuluは非常におすすめです。

日テレ系のバラエティ番組が充実

Huluでは地上波で人気の日テレ系バラエティ番組が数多く配信されています。

2014年に日テレが日本向けのサービスを買い取ったため、現在は日テレの子会社となっているのです。

「有吉反省会」や「マツコ会議」など仕事や放送時間が原因で見逃してしまった番組や録画をし忘れていた番組でも、Huluがあればいつでも見ることができます。

オリジナル作品が充実

Huluでしか見れないオリジナル作品も数多く存在します。

中には日テレやWOWOWとの共同制作ドラマもあり、クオリティが高く面白いものが多いです。

詳細はHuluの公式サイトをご覧ください。
Huluオリジナル作品

Huluを使ってみて感じたデメリット

次にHuluを使って見て残念だと感じた点を紹介します。

動画をダウンロードして持ち歩けない 

最も残念だった点は、動画をスマホやタブレットにダウンロードして持ち歩くことができないことです。

スマホやタブレットでHuluの動画を見る場合、WiFiに接続していないと形態の電波を使って視聴することになり、通信制限が気になってしまいます。NetflixAmazonプライムビデオではダウンロード機能があるため、Huluも対応してほしいと感じています。

中国・韓国作品が少ない

Huluは欧米や日本のコンテンツは充実している一方、中国・韓国などのアジア作品が少ない印象です。

韓国ドラマが好きな方も多いと思いますが、Huluでは40~50作品程度のみ扱っています。中国ドラマに関してはほとんどないです。こういったアジア系ドラマを見たいという方はdTVU-NEXTがおすすめです。

さいごに

以上が私がHuluを実際に使って見て感じたメリットとデメリットになります。
Huluに少しでも興味を持った方は、まずは無料お試し期間から始めてみることをおすすめします。